弾道ミサイル発射直後の情報伝達

弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。
ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラートを活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。


 メッセージが流れた直後に取るべき行動

【屋外にいる場合】
近くの建物(できればコンクリート造り等の頑丈な建物)の中または地下(地下街や地下駅舎などの地下施設)に避難してください。
近くに適当な建物等がない場合は、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守ってください。
【屋内にいる場合】
できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動してください。


※クリックすると国民保護ポータルサイトが新しいウィンドウで開きます。


 参考サイト一覧

クリックすると新しいウィンドウで開きます。
弾道ミサイル落下時の行動について


弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A














平成30年1月~8月末
(下段は前年比)
 
79
(-19)
5982
(+253)
73
(-14)
     
平成30年5月1日
~9月17日
熱中症搬送人員
222 名
(平成29年5~9月:86名)




Copyright©2017.Chosei area Fire Department.Chiba Pref. All Rights Resarved.

長生郡市広域市町村圏組合消防本部
〒297-0026 千葉県茂原市茂原598
TEL 0475-24-0119(代)