「津波」とは?

 津波とは、海底にある岩盤が地球の運動でひずむことでおこる「プレート境界型」の地震がおきたときに海底がもち上がったり、沈み込んだりすることでおこります。東日本大震災では各地で大きな津波が発生し、たくさんの方が亡くなったり、行方不明になったりしました。

 津波は非常にスピードが速く、水深が深い場合は秒速約200m(ジェット機くらい)で進み、陸地に近付いても秒速約10m(短距離のオリンピック選手くらい)で進みます。そのため津波警報などが間に合わない場合もあるので、海や河口付近にいる時に地震を感じたら、揺れが小さくても速やかに高い場所へ避難をすることが大切です。

 また、津波は1度だけでなく、何度も繰り返し押し寄せます。海面で発生する日頃の波と違って海底から発生するため、分厚く力のある波になっているので、小さな津波でも注意をすることが必要です。
 
【津波のメカニズム】
海洋プレートが大陸プレートの下に沈み込み、大陸プレートがひきずりこまれて「ひずみ」がたまる。。 ひずみが限界に達すると、大陸プレートが跳ね上がって地震が発生。海底が動くことにより津波が発生する。


 津波で発生する被害

 津波には、人的被害をはじめ、港の施設や船・住宅が破損したりする物的被害、浸水、田畑の冠水などの間接的被害があります。

 また、津波を直接受けて流出した船や木材などが家や橋に衝突して破壊されたり、火災によって燃えている物が流されて燃え広がったりする津波火災、浸水による塩害など、二次災害も多くあります。

 物的被害や間接的被害を防ぐことは困難ですが、より早く、より高い所へ避難をすることで人的被害は防ぐことができます。


 津波から身を守るために

 津波発生の恐れがある場合、津波注意報や警報が発令されます。しかし、その高さや到達時間は予想にすぎません。実際に東日本大震災では、予測されたものよりも高く・早く襲来しました。

 津波は日頃イメージしている「波」とは全く別物と考えてください。複数回にわたり襲来し、第一波よりも第二波や第三波など後から来る波の方が高いケースもあります。

 発表された津波到達予想時刻を過ぎたり、第一波が引いたりしても、津波注意報・警報が解除されるまでは避難を継続してください。また、海や河口には絶対に近づかないようにしてください。
  
 事前に知っておきましょう。
避難場所の確認はできていますか?
 各市町村においてハザードマップが出されています。家の周りの安全な避難場所を確認しておきましょう。
  
「津波標識」を知っていますか?
 「津波注意」という標識のほかにも、海の近くには「津波避難場所」や「津波避難ビル」の標識が設置されています。
 
「オレンジフラッグ」を知っていますか?
 海の上にいると防災無線なども聞こえにくいために情報収集ができず、避難が遅れてしまう可能性が高くなります。
 そこで、日本各地の沿岸で、視覚による津波情報の伝達手段として「オレンジフラッグ」を広める活動が行われています。
 導入されてない地域があったり、掲揚が人的な作業になるために、状況によって掲揚がない状況があるかもしれませんが、「オレンジフラッグ」が掲揚された場合は直ちに海岸から非難をしてください。
 
 すぐに避難を開始してください。
 強い揺れや弱く長い揺れを感じたり、揺れを感じなくても「津波警報」を聞いたら、すぐに、可能な限り高い場所へ避難をしてください。
  
 特に、海岸付近や河口付近にいる場合は「津波注意報」であっても、すぐに避難を開始してください。
 
 避難をする時は、近くの高台や津波避難タワー、津波避難ビルなどに向かってください。近くの避難場所を確認しておきましょう。
 
 津波がきたあとは・・・。
 第一波の後から来た津波にのみこまれたり、余震により再度発生する危険があるため、注意報・警報が解除されるまでは避難を継続しましょう。
 














平成30年1月~5月末
(下段は前年比)
 
51
(-20)
3428
(-134)
47
(-16)
     
平成30年5月1日
~7月16日
熱中症搬送人員
43 名
(平成29年5~9月:86名)





Copyright©2017.Chosei area Fire Department.Chiba Pref. All Rights Resarved.

長生郡市広域市町村圏組合消防本部
〒297-0026 千葉県茂原市茂原598
TEL 0475-24-0119(代)