適マーク制度とは

 「適マーク制度」とは、宿泊施設の防火対象物適合表示制度のことです。平成24年5月に発生した広島県福山市のホテル火災を受けて、被害の拡大防止対策の一環として始まった制度です。

 この制度は、宿泊施設の関係者からの表示マーク交付申請に基づき、消防が建物の審査をした結果、消防法令のほか、重要な建築構造等に関する基準に適合していると認められた建物に対し、「適マーク」を交付する制度です。
 宿泊施設が「適マーク」を掲示することにより、建物の安全・安心に関する情報を利用者に提供することが可能となります。

【対象となる防火対象物】
以下のすべての条件に該当する建物が対象です。
宿泊施設または、宿泊施設が含まれる複合ビル
収容人員が30人以上(従業員を含む)
建物が3階建て以上
 対象とならない防火対象物には、申請により「表示制度対象外施設通知書」が交付されます。

【マークの種類】
 「適マーク」には金色と銀色の2種類があります。
 消防本部で審査をした結果、表示基準に適合していると認められた場合は、銀色の適マークが交付されます。
 その後、3年間継続して基準に適合していると認められた場合は、金色の適マークが交付されます。
 

 【審査及び検査の項目】  【各種交付申請書】
防火管理状況 <適マーク> <対象外施設通知書>
防災管理状況      
消防用設備等の設置・維持状況
危険物施設等の管理状況
建築構造等
旅館・ホテルにおける夜間の防火体制

【その他制度の詳細について】
 総務省消防庁「表示制度説明用ページ」 ※バナーをクリックすると、新しいウィンドウが開きます。
 

 適マーク交付対象物一覧

対象物名称 所在地 交付年月日 有効期限  種類
 














平成29年1月~10月末
(下段は前年比)
 
106
(+38)
7152
(-71)
 105
(+32)
     
平成29年5月1日
~9月30日
熱中症搬送人員
86 名





Copyright©2017.Chosei area Fire Department.Chiba Pref. All Rights Resarved.

長生郡市広域市町村圏組合消防本部
〒297-0026 千葉県茂原市茂原598
TEL 0475-24-0119(代)